本文開始です。

「第17回 ロゴスの文化教室」へのお招き(2018.05.11)

      

「愛のあかしを生きる 〜平和と発展は愛の力で」

講 師  菊地 功 大司教

 毎年ご好評をいただいている当館の恒例行事・ロゴスの文化教室。17回目を迎える今回は、昨年12月に着座されたカトリック東京教区の菊地功大司教を講師にお迎えします。菊地大司教はカリタスアジア総裁、カリタスジャパン責任者としても国際的にご活躍されています。混迷を極める現代社会において真の平和と発展を実現するために必要なものとは。世界各地での支援活動を通して得た菊地大司教のお話をうかがいます。

 地域紛争の混乱の中、アフリカの難民キャンプで出会った人々や、大災害の後に復興に取り組むアジアの農村で出会った人々。それが世界のどこであったとしても、人生の困難に直面する人々との出会いの中で、繰り返し耳にする言葉がありました。それは「私たちは、もう、忘れ去られた」という、悲しみに満ちた叫びです。
 これまで20年以上にわたり、世界的な援助救援NGOでもある国際カリタスや、そのメンバーであるカリタスジャパンの活動に関わってきたのは、そういった悲しみをひとりでも多くの人の心から取り除くためでした。人間が生きていくために必要なのは、衣食住の充足だけなのではなく、将来に対する希望です。希望を生み出すのは、人間同士の関わりの中であかしされる「愛」です。
 本当の平和は、愛ある人間関係の中で希望を見いだすところに生まれ、それこそが人類の真の発展であると信じています。(菊地功大司教)

 ※ 当日は講演会終了後に菊地大司教を囲んだ茶話会も実施します。一人でも多くの方の参加を心よりお待ちしています。

 菊地功(きくちいさお)大司教プロフィール

  1958年  岩手県宮古市生まれ
  1986年  カトリック司祭に叙階 (神言修道会)
  1986年〜1994年  西アフリカ・ガーナで宣教
  2004年〜  カトリック新潟教区 司教
  2017年〜  カトリック東京教区 大司教

  現在、カリタスアジア総裁、カリタスジャパン責任者


■日時: 2018年 6月9日(土)  午後2時〜4時
     ※ 終了後、茶話会(約40分)有
■会場: 幼きイエス会(ニコラ・バレ)修道院9階講堂
    (JR・地下鉄四ツ谷駅前 麹町口すぐ)
     〒102−0085 東京都千代田区六番町14−4
■参加費: 1,000円(資料代込・当日受付)
■申込方法: 電話かFAXで氏名・連絡先・資料の種類(活字・点字・
      テープ・デイジー)・茶話会参加の有無をお知らせください。
      なお、茶話会の参加は無料です。
      ※定員(100名)になり次第、受付を終了いたします。
■申込先: 社会福祉法人ぶどうの木 ロゴス点字図書館
       〒135−8585 東京都江東区潮見2−10−10
       TEL 03−5632−4428
       FAX 03−5632−4454
■申込締切: 5月23日(水) 

>>チラシはこちら(PDF)220KB 

>> これまでに開催した文化教室はこちらをご覧ください。

上に戻る

チャリティ映画会『祈りのちから』(2017.07.04)

      

チャリティ映画会『祈りのちから』

 今年の作品は『祈りのちから』というアメリカ映画です。
物質主義が幅を利かせる現代社会において、本当の幸せとは何か、生きる意味について考えさせられる作品です。
視覚障害者用音声ガイド付きの上映です。どうぞ皆さまおそろいでお出かけください。

日時: 2017年10月12日(木)19時〜21時5分(開場18時30分)
会場: なかのZERO大ホール
   (JR中央線・東京メトロ東西線「中野駅」下車、 南口から徒歩8分)
作品: 『祈りのちから』(2015年 アメリカ映画 字幕版)
協力券: 2,000円 (全席自由)

[内容]
 ある日、老婆クララは、家を売却するため不動産屋のエリザベスを呼んだ。彼女は働きながら夫トニーと小さな娘を育てている。一見理想的なこの家族は、ある問題を抱えていた。その問題に気が付いたクララは、彼女を自室のウォークインクローゼットに案内し祈ることを勧めた。そこは人生を幸せにおくる為の祈りの部屋でもあった。最初は渋々だったエリザベスだが、祈り続けることで、不思議な出来事が起こり始める。

チケットのお申し込みは当館(電話03−5632−4428、FAX03−5632−4454)までご連絡下さい。

過去の映画祭についてはこちらをご覧ください。

上に戻る

新発売!オリジナル3ツ折りクリアファイル(2016.11.09)

      

>>見本はこちら(PDF)

オリジナルチャリティグッズに新しい仲間が加わりました。
使いやすいA4版3ツ折りサイズ・シングルポケットタイプのクリアファイルです。

前回ご好評いただいた、水彩画「大浦天主堂」が再び登場です。
今回は、透明感のあるステンドグラス風のデザインになりました。 
裏面は、中身が見える透明タイプでとても便利!
ハガキ、チケット、A4用紙3ツ折り、のし袋、通帳、振込用紙…などが入ります。
(サイズ215弌125弌

引き続き、一筆箋、メッセージカードもよろしくお願いいたします。

>>ロゴス点字図書館 オリジナルチャリティグッズはこちら

上に戻る

点字新刊図書(2015.05.28)

      

点字図書新刊を更新しました。
『回勅 パーチェム・イン・テリス−地上の平和(点字版)』
『点字技能検定試験の対策 過去問題(第15回)の正答と解説(点字版)』

 詳しい本の内容はこちら

上に戻る

点字新刊図書(2015.04.23)

      

障害者総合支援法の解説書を252施設に配布

 ロゴス点字図書館では昨年4月に日本郵便・年賀寄附金の助成を受け、坂本洋一著『図説よくわかる障害者総合支援法』(中央法規出版)の点字化と音訳化に取り組みました。作業は大旨順調に進みましたが、各項目ごとについている図説をどうわかりやすく解説するかに時間を取られ、また12月の衆議院議員選挙の点字版公報制作など予期せぬ仕事が入り、予定より1ヶ月遅れてしまいました。本年2月末に全国の盲人協会、盲学校、点字図書館、日盲社協自立支援部会など252施設に配布しました。

 事業名は「障害者福祉の現状理解と前進のための資料提供事業」としました。福祉の現場の多くを占める障害者支援法が何度も改正があり、25年にスタートした総合支援法も、同法付則に基づく見直しが近づいている意味で、執行する行政・施設・利用者に役立てていただきたいという願いがあったわけです。

 点字版は全5巻、デージー版は20時間に収まりました。配布と同時に「同行援護の研修会に使いたいから早く送って」という方々や、「内容がわかりやすくていい。こういう本を待っていた」という声も寄せられ、私たちは資料提供の狙いが当たったと喜んでいます。

 点字版の定価は全5巻8,900円、価格差補償による自己負担は1,890円です。
デイジーの方は1枚で100円です。
お問い合わせは 電話 03−5632−4428へ

上に戻る

「オリジナルクリアファイル」新発売(2010.09.01)

チャリティグッズに新しい仲間!

2006年より皆様にご協力いただいておりました 「オリジナルメッセージカード」に続き、新しく「クリアファイル」を発売致します。

今回もメッセージカード同様、吉田善作さん(大船教会)が描かれた風景と花の作品を使わせていただきます。そして、松本ルカさん(小田原教会)の、その水彩画のやさしいタッチを活かしたレイアウトとデザインにより印刷しています。

大きさはA6とB6サイズで、それぞれ1枚ずつ、2枚1セットで500円で販売します。2種類のセットがあり、絵の内容は次の通りです。
■風景セット─「長崎・大浦天主堂」(A6サイズ)、「イギリス・ロワー スローター」(B6サイズ)

長崎・大浦天主堂

イギリス・ロワー スローター

■花セット─「ストック」と「プリムラマラコイデス」(A6サイズ)、「ベルガモット」と「小菊」(B6サイズ)

ストックとプリムラマラコイデス

ベルガモットと小菊

これらの大きは、ちょうど女性のカバンにも入り、振込用紙やチケット、レシートなどを保管して持ち歩くのに大変便利な寸法です。もちろんプレゼントにもおすすめです。

 なお、送料は別料金ですので、お問い合わせください。これらの収益は、当館の事業資金に使わせていただきます。メッセージカードと併せて、どうぞよろしくお願い致します。

上に戻る

ロゴス点字図書館のwebが開設されました。

今後とも、内容を充実させ皆様のお役に立てるように職員一同頑張ってまいります。

皆様のご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。

上に戻る